ちょっとしたコツで仲介手数料がお得になる

>

引越しのドタバタで判断力を誤らないために

物件を賃貸する際に必要な初期費用

部屋を賃貸するときに必要になってくる初期費用についてまとめました。

・家賃
入居する際は、家賃の1ヶ月分を前払いすることを求められます。
(そして、もちろんその後も住み続ける場合には月額で費用が発生します。)

・敷金
賃貸している物件に大きな損害を与えた際や、退去時に現状復帰するためのリフォーム代に充てる目的で、家賃の1ヶ月から2ヶ月分を求められます。
退去の際に、部屋が綺麗に使用されていてリフォームの必要がなかった時は返却してもらえる事もあります。
大抵は、何かしら金額を差し引かれたり、返してもらえない事もあります。

・礼金
大家さんに対して、お部屋を貸してくれるお礼の気持ちをこめて支払う金額であり、退去時には返金されません。
通常家賃1ヶ月分くらいです。
最近は礼金が無料の物件も増えています。

初期費用の続き

初期費用の続きです。

・仲介手数料
家賃の半額から1ヶ月分に消費税を上乗せした金額が一般的です。
物件を紹介してくれたり、案内や契約手続きをしてくれた不動産会社に対して支払う費用です。
この費用の上限は家賃の1ヶ月分と法律で決まっています。

・火災保険料
火災や水漏れなどのトラブルに備えるために、損害保険に加入することを求められます。
単身者で1万5千円くらい、夫婦や子持ち家族で2万円くらいが目安です。

その他、場合によって必要になる費用

・保証料
家賃に共益費の半額分くらいを上乗せした金額です。
万が一家賃を払えなくなった時に、家賃の保障をしてくれる家賃保証会社に支払う費用です。

・引越し費用
荷物の物量と移動距離、部屋の間取りや建物の設備によっても金額が変わります。
繁忙期と呼ばれる時期(1月から4月くらい)は平常時の料金の4倍くらい高くなります。


TOPへ戻る