ちょっとしたコツで仲介手数料がお得になる

ちょっとしたコツで仲介手数料がお得になる

賃貸するときに必要な初期費用

引越しをするとなると、決める事や調べなくてはいけない事が沢山出てきますね。
前もって引越し時期が分かっている方は心の準備ができていると思いますが、そのような方でも直前にならないと動けない、または動かない、というのは良くあるパターンでしょう。

よっぽど転勤の多い会社に勤めない限り、そうそう引越しをする機会はないでしょう。
そのため、引越しが必要な事がわかってから、あれこれと情報を探し始める方がほとんどではないでしょうか?
要領も心得ていないため、何をどんな順番で進めたらよいかわからなくなってしまい、途中で混乱してしまうことも良くあることです。

とはいえ、誰もがまずやることは、まずどのエリアに住むのか?を絞り込み、そこから物件を探し始めることでしょうか。
間取りや立地条件、周辺環境などは周到に調べると思いますが、家賃以外の初期費用について最初から見る事ってあまりないのではないでしょうか。

稀に、急な転勤が決まって、必要に迫られた引越しの場合は、ゆっくり内覧する時間がないまま間取り図だけ見て契約してしまう事だってあります。

特に繁忙期などは人気物件はあっという間に埋まってしまうし、物件が品薄状態になるので、大家さん、不動産屋さんはかなり強気で契約を迫ってきます。
実際、すぐ契約をしないと他の方に取られてしまう不安もあります。

このように慌ただしい中では判断力が麻痺してしまうこともあります。
契約の時によくよくみたら、初期費用が高買った、こんな事なら別の候補の部屋にしておけばよかった、と後悔しないために、みなさんへアドバイスです。
物件探しの際にちょっと意識する、探し方を変えるだけで初期費用を安くする事ができるかもしれません。

TOPへ戻る